カナガンドッグフードを1歳のジャックラッセルテリアにあげている口コミです。ジャックラッセルテリア1歳の子犬にカナガンドッグフードをあげています。ドッグフードを選んだ理由と子犬の反応含めて御紹介いたします。

 

カンガンドッグフードを食べているワンちゃん紹介

飼い主:50代女性

犬種:ジャックラッセルテリアのららちゃん

犬の年齢:1歳

ドッグフード:カナガンドッグフード

月の餌代:4000円程度

 

愛犬の性格(ジャックラッセルテリア1歳)

頑固でマイペース、やんちゃで落ち着きがなく、遊び好きで、どんなワンちゃんにもフレンドリー。相手が小型犬だろうと大型犬だろうと、かまわず「あそぼー」と誘いかけます。実際大型犬といっしょに走り回ったり、じゃれついたりします。しかし、体格の差で自分がピンチになると人のところに逃げ込んで、「抱っこ抱っこ」と助けを求めてきます。そして抱っこされると、また相手にケンカをふっかけます。「どうよ、アタシにはコイツがついているんだからね」と言わんばかり。強気なのか臆病なのかイマイチわかりません。そしてものすごく好奇心旺盛です。散歩中、木の実が地面に落ちてコロコロ転がるとどこまでも探し回ります。それと手先が器用です。トイレットペーパーをホルダーから外したり、手先を使い、ひとりでずっとボールとじゃれています。猫のようだね、と言われます。

 

カナガンドッグフードを選んだ理由

カナガンドッグフードは動物性たんぱく質の配合が多く、グレインフリーのところがいいなと思いました。犬は穀物を消化するのが得意ではなく、犬の内臓に負担がかかると聞いたからです。そして、素材もヒューマングレイドのものを使用しているということなので安心かなと思います。マリーゴールド、クランベリー、カモミールといったハーブ、それから海藻などのミネラルも入っているので、そういったこだわりのあるフードなら、犬の体に安心で優しいかもしれないと思っています。

子犬のころからあげいるからか、ずっとカナガンドッグフードなのでとてもよく食いつきよく食べてくれています。犬の体に安心なものを小さいころからあげたかったので、非常に気に入っています。

 

 

犬がいてよかったこと

ここ15年ほど我が家では犬を飼っています。息子が8歳の頃、初めての子犬を飼いましたが、子犬はすぐに成長して、息子を追い抜いてしまいました。息子とサッカーをしたり、野球をしたり(息子が打ったボールを拾ってきてくれたのです)、一緒に遊んで、落ち込んでいる時は黙ってそばにいてくれて、相棒というよりは、年上の兄弟のように息子を守ってくれていたと思います。その子は息子の成人とともに病気になり、天国に召されてしまいましたが、今でもわが家の守護天使です。

 

 

モグワンドッグフードのグレインフリーの商品の感想

今食べさせているフードもグレインフリーが気に入って使っています。犬は穀物の消化が苦手でそれが内臓に負担をかけ、皮膚のトラブルやアレルギーの原因になることを知って、同じレティシアんから販売されているドッグフードの『カナガン』を選びました。モグワンはカナガンよりもカロリーが控えめなのがいいと思います。カナガンのスタッフさんがモグワンを作ったとのことで、カナガンとの違いはスコットランド産のサーモンでしょうか?サーモンは犬にいい食材だと聞いているので、いいと思います。

 

モグワンドッグフードについて詳しくはこちら